この記事は、店長が書いているアメブロから記事を転載しています。

 

 

ちょっと前に書いた

 

 

 

 

グラウンディングを意識した瞑想……

 

 

 

 

第一チャクラと第二チャクラを充足させる感じの瞑想を続けていたら

 

 

 

 

ある時おなかが動いて“デトックス”が起きた、という話。

 

 

 

 

そのデトックスが起こる少し前から、別の作用を感じていました。

 

 

 

 

今回はそのことについて書いてみます。

 

 

 

 

 

 

 

その変化は「精神的なこと」への作用でした

 

 

 

 

……実はちょっとしんどかった(汗)

 

 

 

 

グラウンディング的な瞑想や、皮膚の表面や呼吸などの感覚に意識を置く瞑想や、どこにも意識を置かないようにする瞑想など、

 

 

 

 

その時の気分で色んなパターンで瞑想しているのですが、

 

 

 

 

すーっと瞑想状態に入っていくと、しーんと静まり返った水面の上に座っているかのような感覚になるのですが、しばらくすると……

 

 

 

 

胸の奥から、恐怖、不安、焦り、悔しさ、悲しみなどの、負の感情が湧いてきて、苦しくなってくるのです。呼吸も小刻みに荒くなる感じがあり、とても不快になるんです。

 

 

 

 

それがしんどくて……瞑想が嫌になりました。

 

 

 

 

瞑想が進むと、かえってイライラしやすくなったり、今回の僕のように負の感情が湧いてくることがあると、聞いたことがあったので、

 

 

 

 

瞑想が進んできているんだなぁ。それは良いことだよなぁ。と頭では思うのだけど、とにかくしんどい……瞑想中にしんどくなって、負の感情と「向き合わされる」のがすごく嫌でした。

 

 

 

 

(実は、それでグラウンディングをメインにしてみたり……)

 

 

 

 

でも瞑想が進んでいて起こることなら、これはもうしょうがないし、通る道なのだろうし、むしろそこを通り越して「その先へ行く」ために瞑想してるんじゃないの?

 

 

 

 

筋トレみたいなもんだろ、しんどくて当たり前……そう前向きに思って続けていたら

 

 

 

 

たまに、その渦巻く負の感情の……ど真ん中にいながらも

 

 

 

 

「自分のことではない」というような感覚を得られるようになったんです。

 

 

 

 

恐怖、不安、焦り、悔しさ、悲しみ……しんどい時って、自分が

その負の感情「そのもの」だと感じているときなのかも、と思えたんです。

 

 

 

 

まるで自分が負の感情の塊で、負の感情で出来てるというか……

 

 

 

 

だから自分はダメなんだ、クソなんだ……と「思わされている」と、しんどいのだろうなと気付いたんです。

 

 

 

 

これって、嬉しさ、楽しさなどの正の感情のときには気付けないなとも思った。

 

 

 

 

本当は自分自身はどちらでもなくて、「正」とか「負」とかを、「自分そのもの」だと思ってる。

 

 

 

 

「正」のときは都合よくそれを受け取っている。「負」のときはそれをしんどいと思う。それだけなんだ。

 

 

 

 

あ、「正」でも受け取れないときってあるな、「こんなにうまくいってて逆に不安になる……」なんて考え方は、「正」の側面からも「負」を感じ取ってる。自ら。

 

 

 

 

そう、考え方だ。結局、自分でどっちかに考えてるだけだ。

 

 

 

 

「負」が湧いてきても、ただしんどいと考えるのか、これは瞑想が進んでいるんだと考えるかで、「負」を「負」のままにも出来るし、「負」を「正」に変えることが出来る。

 

 

 

 

だから……「正」に捉えよう!!

 

 

 

 

って、

 

 

 

 

そうゆうことじゃない。

 

 

 

 

瞑想は……湧いてきたものを、そのまま感じる。流す。

 

 

 

 

それだけだ。

 

 

 

 

でもこうやって頭で考えて、そうかそうかと納得するのはアリだと思う。

 

 

 

 

瞑想中にはカンケーなくなるけど。

 

 

 

 

瞑想中に負の感情が湧くのは、ただ湧いているだけ。自分の中にあっただけ。

 

 

 

 

ああ……負の感情が湧いてるなぁ……と感じるだけ。

 

 

 

 

「正」とか「負」とかをジャッジしない

 

 

 

 

正も負も

 

 

 

 

「自分のことではない」

 

 

 

 

感じてるだけの自分が、本当の自分なのだろう。

 

 

 

 

まだまだ負の感情にやられちゃうんだけど、たまに、自分のことではないと感じてる自分を感じられることがある。で、それはどうもイイ感じっぽい。

 

 

 

 

なんとも言えない至福感みたいなものが湧いてきたら……そのときは「正」の感情に覆われてるよね、きっと。

 

 

 

 

でも、それも、ただ、正の感情が湧いてるだけ……

 

 

 

 

本当の自分はどこにいるんだろう?

 

 

 

 

「それ」を感じてる自分なのだろうけど

 

 

 

 

今度は「それを感じてる自分」だと、「認識してる自分」が現れる……

 

 

 

 

以前書いた これ に行き着く、困った(笑)

 

 

 

 

 

 

瞑想って、どこにオチをつけてくれるんだろう……

 

 

 

 







転載元: 店長のアメブロ



↓ いつもポチッとありがとうございます ↓

  •   ブログランキング・にほんブログ村へ