30代 女性 坐骨神経痛 主婦の方






お尻の左側、左ふとももにかけての部分が座っていると気持ち悪くなってくる。




日によって痛かったり痺れたりして整形外科へしばらく通うも良くならず、通うのをやめてみる。




最近特に症状がひどくなったと感じて、総合病院へ行ってみたが、以前の整形外科と




同じようなことしか言われなくて、初めて整体を試してみようと思った方でした。






……整体師ってハードルが高いことをやっているなぁとつくづく思います。自分で言うなって話ですが(汗)




整形外科や病院でどうにもならなかったと、藁にもすがる思いでお越しになる方が多いのです。






でも……! 僕も毎回ヒヤヒヤものだったりもしますが




そういった病院系の決まりきった処置以外のことを




施術で行えるという自負があります。「可能性」を示せると……。




(病院系を否定しているわけではありません。手術や機械を使っての精密検査などは医療にしかできませんし。保険がきくのも大きな利点です。)




民間療法の懐の深さ、ここには自信を持っています。




……話がそれました。






まずは座ったり立ったりして痛みの様子などを聞く。




常に違和感があり、座って椅子が触れていると気持ち悪い。この時は痛みも感じていました。




ピリピリした痛みだと仰っていたので、痺れからの痛みだなと思いました。




立った状態で、左の腎臓へ手をかざして(背中に手を当てて)エネルギーワークを1分ほど。




座っていただいて椅子が触れるときの感触を確かめる。





「気持ちラクになったかも……」




立ったまま、左足首からエネルギーワークを入れて、同じように確かめる。




「あれ?? 痛くない!!」




何度か立ったり座ったりを繰り返してもらうと、痛みを感じるとのこと。




「座ってるとき以外は痛くなかったのに……」




施術が進むと症状が変わることが良くあるんです、とお話しする。






ここでうつ伏せになってもらい、全身の臓器を揺らしてから、エネルギーワーク。




そして仰向けになっていただくと




「寝るとき仰向けだとお尻が気持ち悪かったんですけど、今平気だ……」






頭から神経を整えるエネルギーワークを入れて、ここでまた座ったり立ったりして確かめていただく。




「動いても痛みはもうないです……! でも太もも全体が張ってるような感じです。」




立ったまま、後頭骨(後頭部)へエネルギーワーク。




これは頭から神経を整える施術をしたときの延長で、ストレスを消去する感じでエネルギーワーク。




ここで太ももの張りを確認。




「あ、軽くなりました……!」




ここで終了。






何が原因なのか、よくわからない症状でしたが、エネルギーワークを入れていくと




段々とどこを狙えば良いか見当がついてきます。あとは……勘(笑)




感じたのは、この方は、ご自身が思っているよりも、日々の生活でストレスを感じているということ。




最後のストレスへの施術を選んだのは、何となくの勘でしたが




これで最後に症状が取れるというのがその証拠になってた感じです。




(僕的には、この流れで、最後に太ももに張りが出るというのはちょっとイレギュラーで、




だいたいそうゆう時はストレス的なことが関わっていたりする)




ご利用ありがとうございました〜。


↓ いつもポチッとありがとうございます ↓

  •   ブログランキング・にほんブログ村へ